trader-online.work
trader-online.work > 国内FX > 【改悪】SBIFXトレードが取引条件のリニューアル・・・・。同社のメリットが、、、。

【改悪】SBIFXトレードが取引条件のリニューアル・・・・。同社のメリットが、、、。

(公開: 2019年06月13日 22:06:19)

私のメイン口座であるSBIFXトレードが6月29日(予定)にサービス改善すると発表しております。

 

 

サービス改善の概要

今回の改善の概要は

  1. 数量区分に対する変更
  2. ロスカット仕様の変更
  3. スプレッドの変更

となっています。公式では「改善」と表記されておりますが、個人的判断では「改悪」になりえる投資家の方が多いと思いますので「変更」と表現しました。

 

2のロスカット仕様の変更に関してはほとんどの方は大した影響はないと思います。ロスカットが口座全体で行われるようになる・判断が60秒間隔→20秒間隔になるぐらいの変更です。同社の強みである証拠金率100%割れでロールオーバーで追証・50%割れで強制ロスカットという仕様に変更はないようです。

 

「改悪」になる1・・・

今回の最大の問題は1の数量区分の変更です。同社の通貨区分は以下の通りです。

この第1区分に当たる1万通貨までの取引では、スプレッドが一切拡大しない。というめちゃくちゃな強みがあります。それが今回のサービス改善1000通貨までに縮小されてしまいます。

 

他社でスプレッドが絶対に拡大しないなんて会社は存在しておらず、SBIFXトレード最大の魅力になっていましたが、今回範囲を大幅縮小。同社を利用しているかなりの方がこの変更を改悪だと思うのではないでしょうか・・・。

 

もちろん、わかっています。指標などで激しく動いた時にタダ同然の極狭スプレッドじゃ会社側の負担が大きすぎるということは。SBIFXトレード創業以来続いたサービスがここまで大きく縮小されてしまうと、、、さみしさと辛さが。。。うぅ・・・。

 

 

スプレッドは縮小方向へ

スプレッドは縮小方向へ改善されるようです。現時点で発表されているのが、新2区分(1001通貨~100万通貨)のドル円が0.29PIPS→0.27PIS。新1区分(1通貨~1000通貨)が0.29PIPS→0.2PIPSといった感じ。

 

ほかの通貨のスプレッドも縮小方向へ変更されるようですので、これについては今後の発表を楽しみに待ちたいと思います。

 

詳細は公式発表をご覧ください(NOアフィリエイト

 

業者変更を検討してもよい投資家さんは・・・

今回の件で取引業者を変更を検討しても良い投資家さんは・・・

今まで1万通貨までの絶対に拡大しないスプレッドを有効活用していた」投資家さんです。

 

スプレッド拡大は他社では当たり前ですので、どこの業者に移ろうともスプレッド拡大というリスクから逃れることはできません。が、業者によって拡大する幅・タイミングが異なるので、自分に合った会社を探すのが良いかと思います。もちろん、SBIFXは「特別な業者」から「普通の業者」になっただけなので、同社のスプレッド拡大加減を見ながら使い続けるのもありだと思います。

 

それ以外の方は、継続で良いのかなと思います。

今回の改善で、スプレッドがより狭くなるみたい=コスト低減、同社の強制ロスカットラインが50%(100%割れで追証)というのはやっぱり魅力的。SBIFXに慣れている状態で他社でちょっと取引するとスプレッドの影響でポジった瞬間にロスカット(100%割れで即ロスカットのため)もある、、経験済みですw。

 

 

私は完全に1万通貨までスプレッドが拡大しないメリットを存分に使って取引してきた人間なので、今回の変更は非常につらいです・・・。が、上にも描いた通り、「特別」だったのが「普通」になるだけレベルなので、たぶん使い続けるかな。。。他社のスプレッド拡大のやり方のひどさをみてきているから、、、。


タグ:

 今注目されている検索ワード 


コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。